忙しい時に使えない人のある共通点とは

スポンサーリンク

自分は高校生の頃、某大手焼肉店でアルバイトを2年していました。
割と人気のお店だったので、結構忙しくしていました。

他には、某コンタクト店で販売のアルバイトをやったりもしていました。
今は、総務・システム関係の仕事をしています。

自分が働いていて、この人なんか使えないなあ。
そう思ったことはありませんか?

私が今まで働いていた時も、そういった方が何人かはいました。
では、なぜその人たちは使えない人だったのでしょうか?

そこにはある共通点がありました。

1.忙しい時とはどんな時か

職種によって様々だと思いますが、どの仕事にも忙しい時はあると思います。

飲食店で言えば、お昼時や夜。
販売もそうですね。セールの時とかはめちゃくちゃ大変です。

今の総務の仕事も波がありますが、忙しい時は本当に忙しいです。

これは一つの仕事のボリュームが単純に多いということもありますし、
抱えている仕事の数が多いということもありますね。

2.忙しい時に慌てると

夜ご飯を作るのが面倒で、たまにお弁当屋さんに行ったりします。

仕事帰りで行くと店内はサラリーマンや主婦のみなさんで満員状態。
レジもかなり並んでいます。

私もその列に並び、お弁当を注文して待っていて
お弁当が出来たので呼ばれてレジへもらいに行く時でした
店員さんはレジの行列もあるせいか、かなり慌てており私のお弁当を必死にビニール袋につめていました。

ですが、慌てているため上手く袋に入りません。おかずが落ちそうで心配になる程。
冷静に落ち着いていれば簡単に入ります。

けれど、その店員さんにはそれができなかった。
何故でしょう?

それは、忙しい時に慌てているからです。

そりゃそうだろ。
と思う人がいると思います。

ですが、こう見ていると単純なことに思えますが、実際忙しい時に慌てている人はかなりいます。
社会人歴がかなり長い人でもそうでした。

3.なぜ慌ててはいけないのか

では、なぜ慌ててはいけないのでしょうか?

先ほどのお弁当屋さんもそうですし、今まで見てきた人もそうでしたし
そこにはある特徴があります。

慌てている人は、無駄な行動がかなり多いです。

なにかうろちょろしていたり、手の行動や仕草にもかなり無駄があります。
落ち着いて冷静にやれば、1回で済むようなことを何度も何度も繰り返しているのです。

だから、なかなか目的が達成されない。そしてどんどん仕事が遅れていく。
そしてもっと慌てていく。

まさに、悪循環。

これは職種関係なく、忙しい時に使えない人がとっている実際の行動です。

4.忙しい時はどうすればいいのか

私は忙しい時にいつも心の中で思っている言葉があります。

それは、
忙しい時ほど、より冷静に、そしてこの忙しい状況を楽しむ
です。

忙しい時に慌てるのは、当たり前の行動です。
ですから、忙しい時にこそ、より冷静になるのです。

そんなの当然じゃないか!
と思う人も多そうですが、これ実際にできている人はかなり少ないです

なんでそんなにバタバタしているの?
とよく思います。

慌てているから、すごく仕事をしている!
というわけではありません。

もちろんバタバタしているからといって、これもすごく仕事をしているわけではありません。
むしろ自分でさらに無駄に忙しくしている。と言ってしまってもいいでしょう。

忙しい時こそ、より冷静に

これだけで結構使える人材だと思われます。

5.まとめ

周りの人と同じように仕事をしていても、その中に埋もれてしまうだけです。

忙しい時に慌てるなんて誰でも出来ます。
そこでより冷静になれたとしたら?

一目置かれる可能性が出てきます。

上司だろうと、部下だろうと関係ありません。
忙しい時にこそ、より冷静に です。

当たり前だと思っても、一度ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク