「天職の見つけ方」を正常なナルシストから学んだので解説する

どうも!
サトセヒかル(@satohika_bass)です!

 

あなたは今、「やりたい仕事」ができていますか?

 

もしかしたら今の仕事は、本当は夢があったけど叶わず ” お金のため ” と割り切ってしぶしぶやっているかもしれませんし、自分のやりたいことが分からないけど ” 生きていくため ” にやっているのかもしれませんね。

かくいう私も、「やりたい仕事」つまりは天職を見つけられないまま、生きていくために今の仕事をしているのが現状です。

 

あなたは今の仕事に少なからず不満があり、「もっと自分に合う仕事が他にあるのかも?」と、そんな疑問を抱いたことはないでしょうか。

「自分に合う仕事、つまり天職を見つけられたらどんなに良いだろうか。」と私自身も常日頃から思っています。

 

では、どうやったら「天職」が見つかるのか?

 

今回は、メンタリストDaiGoさんの動画、「自分好きな方が勝ち!ナルシストのメリットとは」から気づきをもらえた「正常なナルシストから学んだ、天職の見つけ方」を解説していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう!

正常なナルシストとは?

まず、正常なナルシストについて説明をしていきたいと思います。

「ナルシスト」と聞くと、なんだか自信過剰で気持ち悪い嫌なやつという印象があるかもしれません。

ですが、そんなナルシストの中にも正常なナルシストがいることをご存知でしょうか?

 

正常なナルシストとは、「自分のことを他の人より優れていると思っていて、その能力に見合うだけの報酬を得て当然だと思っているが、その分の努力はしている。」

これが、正常なナルシストです。

 

何にも努力や行動をしていないのに「俺ってすごい(ドヤ)」と言っている人は嫌なナルシストですが、ちゃんと努力や行動をしていて、だからこそ「俺ってすごい!」と言っているナルシストは悪くないのでは?

つまり、努力や行動が伴うナルシストは悪くないよねという話なのです。

「やりたい仕事ってなんだろう?」の見方を変えてみる

やりたい仕事ってなんだろう…?
スポンサーリンク

 

そう考えると、私は答えが出ないまま迷宮入りしてしまいます。

けれど、「自分が楽しいと思うこと、やりがいを感じることはなんだろう?」と考えたら割と色々なことが出てくる気がするのです。

 

それを仕事と結びつけて考えられた時、天職が見つかるのもしれない。

そう気がつきました。

若い頃、もっと”何か”に熱中しておけば良かった…!

どんどん歳を取っていく中、若くして成功している人が出てくるたびに「若い頃、もっと”何か”に熱中しておけば良かった…!」と思うことがあるのです。

けれど、今までの人生で”何か”に熱中したことは本当になかったのでしょうか?

 

そんなとき私は、

あれ、学生時代はずっと音楽(バンド)に熱中してた…よな?

なんで今は、音楽をやってないんだ…?

と気がついてハッとしたのです。

 

あなたにもそんな「過去に熱中したこと」はないでしょうか?

「なぜ熱中していたのか」を分析してみた

私の話で恐縮ですが、自分が「なぜ音楽を楽しいと思っていたのか?」を分析してみました。

 

ベーシストだった私は、こんな風に自分を認識していました。

(1)自分にはテクニックがあった

→ つまり自分には能力があると思っていた

(2)自分にはセンスがあった

→ つまり自分に自信を持っていた

 

その認識もあったからこそ、私は心から音楽に熱中していたのだろうと思います。

 

これをまとめると、先ほど紹介した「正常なナルシスト」と全く同じだったことに気がつきました。

「正常なナルシストは、自分は他の人よりも優れていて、その能力に見合った報酬をもらうのは当然だと思ってる分、ちゃんと努力はしている。」という話です。

 

私は、音楽(ベース演奏)において、自分は他の人よりも優れていると認識していました。そして、その分の努力はしていた。

けれど、その努力(ベースの練習や音楽の勉強)を私は努力だとは思っていなかったのです。

ただ楽しいと思ってたからやっていただけ。

 

これが「天職のパターンなのでは?」ということが、正常なナルシストから得た学びでした。

まとめ

私は、音楽やベースのテクニックにおいて、他の人よりも優れているという認識がありました。

 

それにより、

  1. 自分に能力があると思う
  2. だから、ちゃんと努力をする
  3. 努力するから成果がでる

という素晴らしいループが生まれていたんですよね。

 

これが、天職の見つけ方。

つまり「自分が他の人より優れていると思うことを洗い出していけば、その中に天職があるのでは?」ということでした!

 

やりたい仕事が分からなくて悩んだ時は、

  • 自分が楽しいと思うこと、やりがいを感じることはなんだろう?
  • 自分が他の人より優れていると思うことはなんだろう?

を考えてみると、思いがけない発見があるかもしれません(^^)

オススメの書籍

好きなことが天職になる心理学

仕事は楽しいかね?

働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

 

ありがとう!サトセヒかルでした!

んじゃね!