いつまで親の期待や意見、世間体を気にするんですか?人生の選択肢を減らさない生き方とは

スポンサーリンク

ある友達が親の期待や世間体のために
自分の望まない結婚をしようとしていました

 

でも、それって本当に正しい選択なのでしょうか?

 

私は違うと思います

 

親の期待や意見、世間体を気にする人は多いです
それって人生の選択肢を減らしていると思いませんか?

 

今回はそんな人生の選択肢を減らさない生き方を考えていきましょう

スポンサーリンク

1.親の期待や意見を気にするデメリット

家族親は子供に色々な期待や意見を持っています

そして、それを子供に願う

でも、それはあくまで親の価値観であり
自分の価値観とは違います

 

人それぞれ色々な価値観があります
何が正しいとか、何が間違いとかではなく

自分の人生を生きるにおいて色々な選択肢があります

けれど、親の期待や意見を気にすることによって
その選択肢はいつの間にか減らされているのです

まずそこに気づくことが第一です

 

人生の選択肢が減らされているということは
他にもっとよい生き方があったのに、その生き方を辞めているということです

自分のたった1回の人生なのに

 

そのたった1回の人生の選択肢を
自分ではない人に決められていいんでしょうか?

もし親が亡くなった時、その呪縛から解放されて
もっと他に良い生き方があったのに!
そう後悔するかもしれません

 

でも、それを親のせいにするつもりですか?

 

親の期待や意見があったから、そうしたのに!
って

 

その選択をしたのは、紛れもなくあなたです

自分の人生には色々な選択肢があったのに
親の期待や意見を気にすることによって
その選択肢を減らしたのはあなた自身なんです

 

本当にそれで後悔しませんか?

2.世間体を気にするデメリット

いいの?もう!恥ずかしいことはしないでよね!
周りの人の目があるじゃない!

そう、親に言われたことはありませんか?

 

自分は自分の正しいことをしているのに
世間はそれをおかしい。と言う時があります

 

自分には関係のない人間が
自分のやることにいちゃもんをつけてくる

そんなことって少なくないですよね

 

・会社を辞めてフリーランスになる
・ミュージシャンを目指す
・自分の夢を追う

 

決して間違った選択ではありません
でも、世間は勝手なことを色々と言ってきます

 

それを気にすることによって人生の選択肢を減らしてしまう

 

それってもったいなくないですか?

 

自分の人生は自分のものです
そこに他人が介入してくるのは、おかしいです

 

しかも、そう勝手なことを言ってくる人たちは
自分の人生に責任なんて取ってくれません

きっと数年後には忘れていることでしょう

 

そんな勝手な人たちのために自分の人生の選択肢を減らす

 

これっておかしくないですか?

自分の人生の舵を取るのは自分自身なのです

スポンサーリンク

3.私の事例

道は一つじゃない親にはこう言われてきました

 

たくさん勉強して
良い大学に入って
良い会社に入りなさい

それが幸せなんだ

 

その親の意見に従って、私は中高一貫の進学校に入りました

きっと自分は良い大学に入って、良い会社に入るんだろうな
そう思っていました

 

その選択肢しかなかったのです

 

でも、そんなある日
私は別の選択肢を見つけます

 

それは音楽でした

 

今まで勉強しかしてこなかった自分が初めて熱中したことです

 

勉強もやめて、ずっと音楽に没頭していました

そして親の意見に背き、私は音楽をやっていくことを選びます

 

親にはもちろん反対されました

でも、これは私の人生です
自分の人生は、自分で選びたかったのです

 

そうして、私は進学校で唯一の音大志願者になりました
周りの目は冷たかったですよ

けれど、自分はその選択に満足していました

 

そして音大に合格し、毎日が音楽に溢れた充実した4年間を過ごしました

 

今は音楽に関係しないことをしていますが
そこに後悔はありません

だって、自分で決めた道ですから
その選択が出来て良かったです

4.親の期待や意見を気にするのは自立するまで

自立親は自分にたくさんのお金をかけて育ててくれます

だから、親の期待や意見に従うのは仕方ないかもしれません

 

けれど、それは自分が親を離れて自立するまでです

 

自分のお金だけで生活するようなったら
もう親の期待や意見に従う必要はありません

 

確かに、ここまで育ててくれた親に感謝はします

けれど、自立した時
自分の人生は自分で決めることができます

 

親の期待や意見に左右されなくていいんです

人生の選択肢を親によって減らされることはすごいもったいないんです

 

親には感謝しつつ、自分で選択した人生を生きて欲しいです

5.まとめ

ある友達が親の期待や世間体のために
自分の望まない結婚をしようとしている話を聞いて
私はもったいないな。と悲しい気持ちになりました

 

自分の人生はたった1回きりなのに
親や世間体のために人生の選択肢を減らすことが果たして正しいのか

 

自分の生き方は自分で選んで欲しいのです
誰の邪魔もされずに

 

親や世間は勝手なことを言ってきます

けれど、自分一人になった時には誰も責任を取ってくれません

 

その時、後悔しないためにも
自分の人生の選択肢は、自分で選んで欲しい

そう願います

 

 

スポンサーリンク