支払い方法は現金のみかクレカ・電子マネーも使えるのか、行く店はそれで変わる

ども!
サトセヒカル( @satohika_bass )です!

あなたはクレジットカードを持っているだろうか?
僕は22歳くらいまでクレジットカードを持っていなかった、理由は必要ないから。

最初にクレジットカードを作ったのもフィットネスクラブの月会費を払うのに専用のカードが必要だったからで、クレジットカードが欲しいと思ったからではない。

それが今では…

クレカが使えるお店ばかりを選んで行くようになった

当時クレジットカードが必要ないと思っていた僕はとあるピンチに瀕した。現金を使いすぎてしまって、次の給料が入るまで使えるお金がかなり少なくなってしまったのだ。

ここで思い出すのがクレジットカードの存在。現金がなくてもクレカで決済すれば、今はとりあえず大丈夫、引き落としの日までにお金があれば。

僕はクレジットカードが使えるお店を調べた。そして、驚いた。

クレジットカードはコンビニでも使えて、しかもサインも暗証番号の入力すらも必要ないというのだ。(コンビニや購入金額にもよるが)

コンビニで初めてのクレジットカード決済をした僕はもう現金で支払うのをやめようと思った。理由はシンプル、楽だし早いしポイントまで貯まる。クレジットカードを使わずに現金払いする意味がないのだ。

僕は現金しか使えないお店にあまり行かなくなった。

電子マネーに感動する

コンビニでクレジットカード決済のデビューした僕はクレカが使えるお店を好んで行くようになった。そして、クレジットカードに慣れてきた僕はこんな欲が出てくる。

「どうせクレジットカードを使うなら、もっとポイントを貯めたい」

そう欲のでた僕はポイントの還元率が良いクレジットカードがないか調べはじめた。すると、1つ僕の条件にぴったり当てはまるクレカを見つけた。

すぐさまに僕はそのクレカの発行手続きをする、カードが届く。なんと新しいクレカには今までなかった機能がついていたのだ。

それが、電子マネー。

電子マネーといえば、SuicaやPASMOのイメージしかなかったのだがどうやら他にも種類があるらしい。

僕が発行したクレカにはiDQUICPayが搭載されていた。当時はなんかよくわかっていなかったけど、iDとQUICPayが使えるお店ではカードをリーダーにかざすだけで決済ができるらしい。これは便利。

クレジットカードを店員さんに渡すのがちょっと嫌って人もいるだろうし、かざすだけで決済できるのは楽で良い。クレジットカードに電子マネーが搭載されていれば、これが可能なのだ。

Apple Payもあるおかげで、もはや財布すら必要ない。

iDが使える自動販売機を見つけた時はそれはもう感動した。少しのポイントも逃さないぞ!笑

日々行くお店を決める基準はクレカ・電子マネーが使えるかどうか

すっかりクレジットカードと電子マネーの便利さを知ってしまった僕は日々行くお店を決める基準がクレカ or 電子マネーが使えるかどうかになっていました。

現金払いしかできないお店にはあまり行きたくない。だってメリットがない、ポイントもたまらないし。現金を銀行から引き出すのだってかなりめんどうだ。

正直行きたいお店(特に飲食店)で現金払いしかできない場合は悩む。ここの料理が食べたいけどクレカ・電子マネーが使えないしなあ、と。そして結局、クレカや電子マネーが使えるお店に行ってしまう。お店からしてみれば機会損失だ。

現金払いしかできないお店にはぜひクレカや電子マネー決済ができるようにして欲しい。色々と手間や費用がかかるのかもしれないが、これから現金払いは終わっていくだろう。というか、もう終わってるのかもしれない。

今は現金しか使えないお店でも、クレカや電子マネーが使えるようになったらぜひ行きたい。

支払い方法は現金のみかクレカ・電子マネーも使えるのか、行く店はそれで変わる。

 

ありがとう!サトセヒカルでした!

んじゃね!