【漠然とした不安】 現実になるかわからない未来の心配が襲ってきた時の対処法

みなさんは、未来についてマイナスに考えることはありますか?

 

「もし○○が起こってしまったらどうしよう」
「もし○○になってしまったらどうしよう」

 

なんて、僕は現実になるかわからない未来を考えて心配になってしまうことがあります。

 

具体的には、
「もし病気になってしまったらどうしよう」
「付き合ってもいないのに、別れてしまったらどうしよう」
「恋が順調に進んでいっているけど、上手くいかなくなったらどうしよう」

 

などなど、、、

 

現実になるかわからないことを考えてしまって心配になり、怖くなり、生きていくのが辛くなる時があります。

 

そんな時はどういう風に気持ちを持っていったら良いのでしょうか?
では、考えていきましょう。

 

1.自分が怖くなる心配な出来事は本当に未来に起こるのか

結論から言うと、ほぼ起こらない、そんな気がします。あくまで感覚ですが。

 

起きる or 起きない でいうと、単純にだと50%の確率ですね。
これが高いか低いかは人それぞれ感じ方が違うと思います。

 

ただ、50%も起こらない可能性があるのです!
これって結構高い確率ですよね。

 

ですので、自分が怖くなる心配な出来事は50%の高い確率で起こらないのです。

 

2.心配な未来より、今を生きよう

例えば、「将来病気になってしまったらどうしよう」
ふとした時に私はこの心配が襲ってきます。

 

病気に関してはある程度は予防ができます。
最低限、自分が出来る予防をしたら、あとは特に気にせず生きましょう!

 

もし病気になってしまっても、その時に考えればいいですし。
せっかく今健康に生きているのに心配になりすぎて、心が不健康になってしまったら意味がありません。

 

まず大事なことは今をしっかりと生きることです!

 

恋に関しても同じです。

 

今、恋をしているとしてまだ付き合っていない状況で考えてみましょう。

 

「もし、上手くいかなくなってしまったらどうしよう」
「付き合って、その後に別れてしまったらどうしよう」

 

これも起こるかわからない未来への心配ですね。

 

考え方は先ほどとまったく同じです。

 

確かに、大切な人がいることは守っていきたい状況ですよね。
大切に思うあまり起こるかわからない未来で心配になってしまうこともあると思います。

 

ですが、そのせいで相手を信じられなくなったり、疑ってしまったり、自分を信じられなくなったり。
これを続けていくときっと心配していた未来が現実となってしまうでしょう。

 

ですから、今好きな人がいる、順調に恋をしている相手がいる、今を生きてください!
思いっきり今を生きている自分も相手も大事にしてあげてください!

 

今の行動が未来を作ります。

 
この記事を読んでくれたあなたにオススメの本