【悲しいけど事実】自分に自信がない奴はモテるわけがない【打開策あり】

なんでこんなに自分はモテないんだろう・・・

そう常日頃から思っていたりしませんか?

僕も一緒で「なんで自分はモテないんだろう…」と悔しい思いをしたり苦しかったり、けれど状況の打開をしようにもどうしていいかわからずにメソメソする日々を送っています。

モテる人とモテない人の明確な差はなんなのか?

今回は、6年以上恋人がいない僕が「なぜ自分がモテないのか」その理由を考えて出た答えをご紹介したいと思います。

モテる以前に考えた方が良い問題「出会い」

「モテたい」と思う理由は人それぞれですが、僕にとってのモテたい理由は「恋人が欲しいから」です。

恋人がいたらこんなことをしたいなぁ〜と日々妄想を膨らませている僕ですが、モテないのでまずそれ以前の話。

恋人ができる上で必要なことはまず「出会い」です。

出会いがなければ、そもそも話が始まりませんよね。

けれど、「その出会いがないから苦労してるんだよ!!」そう思う人も多いことでしょう。

実際、自分も恋人が欲しいと思いながらも「その出会いがないんだよ・・・」と卑屈になっていました。

では、なぜ出会いがないのか?本当に出会いがないのか?を考えていきましょう。

出会いがないから・・・は実はウソ

人は生きていれば何かしら他人と関わりながら生きていくことになります。

一歩も外に出ずに家に引きこもっているような生活でない限り、誰かしらと関わることが必然となりますよね。

会社の同僚や上司、コンビニやスーパーの店員さん、飲み屋で会うお客さんなどなど。

僕は自分が恋人がいない理由を考え始めた時に1番最初の思いつくのが「出会いがないから」でした。

けれど、よくよく考えてみたら実はそうではない。

僕はゲイなのですが、マッチングアプリもやっているし、2丁目であったりのゲイバーにも繰り出したりしている。

つまり、実は「出会い」はあるのです。

そういった出会いはあるはずなのに、自分の心の中では「出会いはない」と思ってしまう。これはなぜなのか?

理由はシンプルで、出会える場に身を置いても「自分のタイプもしくは興味のある人と関われていない」から。

たしかにマッチングアプリをやったり、飲み屋に行けば少なからず「出会い」はあります。

しかし、僕は「恋人が欲しい」と思っているので、タイプではない人であったりとの出会いは「出会いとしてカウント」していないということに気がつきました。

また、もしマッチングアプリや飲み屋で自分のタイプな人を見つけても、メッセージが返ってこないだったり、話しかけてもそっぽ向かれるなど自分に興味を持ってもらえなかったりした場合でも「出会いはなかった」のカウントになっています。

客観的に見て、出会いはあるのに、出会いをものにできていない。

これが「自分には出会いがないから・・・」のウソなのです。

モテない奴に決定的に足りないものは「自信」

ずっと家に引きこもっている人でなければ、必ず何かしらの「出会い」はあります。

モテる奴だから出会いがあるんだろ!!

そう思う気持ちはとてもとてもよくわかるのですが、実は逆。

まず出会いがあって、その次に「モテるか」「モテないか」が決まるのです。

いくら外見が良くて、超お金持ちで、条件だけ見ればすごくモテそうだと思う人でも、ずっと家に引きこもっていて、現実でもネットでも人と関わらないような生活をしている人であれば「出会い」はありません。

なので、「モテるから出会いがある」というのは一種の幻想で、出会いがあるからこそ「モテる」「モテない」の話となるなのです。

自分に出会いはあると認識した上で次に考えることは

ここまで読んでくださったあなたは「実は自分にも出会いはある」とわかっていただけたことでしょう。

僕自身も「出会いがない・・・」と常日頃から嘆いていましたが、実は出会いはたくさんあった。

けれど、その1つ1つの出会いをものにできていなかったのです。

では、自分に出会いはあると認識できた次に何を考えていけばいいのかですが、それは「自信」です。

あなたは自分に自信があるでしょうか?

おそらくこの記事を読んでいるあなたは自信がないはずです。

僕も自分に全く自信がありません。

けれど、悲しい事実なのですが、自分に自信のない奴はモテるわけがありません。

次にその理由を解説していきます。

自信がない奴を誰が好きになる?

まず、ここでひとつ想像してみてください。

あなたはとある人と出会い、会話をすることになりました。

恋人が欲しいと思っているあなたは、もしお互いがよければ良い関係になっていきたいと思っています。

けれど、その相手はこんなことばかり言ってきます。

私なんかを好きになってくれる人なんていない・・・
私なんてモテないから・・・

自信がない故のネガティブ発言。

これを繰り返されたらどうでしょうか?

きっと最初は魅力的に思えた人でもどこか違うなという気になってきそうなもの。

人は、自分に自信がないと卑屈になりがちなもので、それは人間関係(主に恋愛)についてはマイナスに働く可能性の方が高いです。

自信がありすぎる人もちょっと敬遠したくはなりますが、自信がなさすぎる人もまた敬遠したくなってしまう。

実は、これは昔自分がずっと常日頃から誰かにいっていたセリフです。

マッチングアプリや飲み屋で出会ったらちょっと気になる人に、自信がない故にこんなことばかりを言っていました。

最初は「そんなことないよ〜」とフォローしてくれていましたが、自信がない故のネガティブ発言を繰り返していくたびに、どんどん相手との距離は広がっていき、最後には誰もが自分の側からいなくなっていました。

もしかしたら最初は相手も自分のことにちょっとは興味を持っていてくれたのかもしれません。

「好きになれたらいいな」そう思っていた可能性もあります。

けれど、自分が自信がない故の発言を繰り返すことによって、相手は「この人ってあんまり魅力的ではないのかもしれないな」などマイナスな方へと思考が変わっていき、「やっぱり違うな」といった結論に辿り着いて離れていってしまう。

そして自分の中では「モテない」という結果で終わってしまうのです。

自信がないのは実は相手に失礼?

よくよく考えてみると自信がない状態で相手と接するというのは、実は失礼なことなのではないでしょうか?

例えば、マッチングアプリでマッチして現実で会うことになったとしましょう。

そして相手はこんなことばかりを言ってきます。

いやぁ、私なんかと会ってくれてありがとうございます。
いやぁ、私なんかのために時間いただけて本当申し訳ないです。

マッチングアプリでいいねした時点で、少なからず自分は相手に興味を持っているということですよね。

けれど、その興味を持った相手は「自分なんかのために・・・」とひたすら言ってくる始末。

だんだんと「あれ?自分の選択って間違っていたのかな?」そんな気さえしてきます。

自分自身は自分のこと好きじゃないけど、あなたは私のことを好きになってください!

そう言われたらどうですか?

実は自信がないけどモテたいというのは、上記のことを言っているようなもの。

そう考えると自信がない状態で相手に接するのは、相手にも失礼。

そんな奴がモテるわけありませんよね。

自信を手っ取り早くつける方法

けれど「自信がないから自信がないんだ!」そう思う人も多いことでしょう。

実際、僕も自分に自信がないですし、自信をつける方法がわかったら苦労せんわ!と思っていました。

けれど、よくよく考えてみると自信をつける方法は別に難しいものではないと気がつきます。

例えば、僕は体がガリガリなわりにお腹だけ出ていることがコンプレックスで、誰かと出会っても自信がなくて、結局モテませんでした。

「あぁ、僕はやっぱりモテないんだ」と卑屈になって、やけ酒ばかりしていたのですが、この体型がコンプレックス故の自信のなさは簡単に解消することができます。

ただ、筋トレをすればいいだけ。

ただ、筋トレをすればいいだけなんです。

めちゃくちゃ簡単な答え。

筋トレして、ちょっとでも体型に変化が出てきたら自信が持てるということになります。

筋トレをすること自体はめちゃくちゃ簡単で、家でやるなりジムでやるなりすればいいだけ。

今からでも始めることができますよね。

継続できるかは別の問題ですが、自信をつけるための行動は実は今すぐにでも始められることが多いのです。

自信を手っ取り早くつけたいなら「外見」を変える

仕事で成功してお金持ちになって自信をつける。

そういう方法もありますが、これはすぐには難しいものですよね。

けれど、今からできる簡単に自信をつける方法があります。

それが「外見を変える」ということ。

外見を変えるといっても、整形をしろ!という話ではありません。

・髪型
・眉毛
・服装
・体型

これを変えればいいのです。

髪型を変える

これは自分の中の偏見なのですが、「モテない・・・」と嘆いている人の多くが髪型が微妙。

清潔感がなくてボサボサしていたり、もうちょっと整えれば良い印象になるのに・・・そう思うことが結構あるのです。

髪型を変えるのは美容院に行けば解決しますよね。

他にも、自分の好みのタイプの層があるなら、その層に受けそうな髪型をするといった方法もあります。

たった数千円で自信をつけれるなら、やるに越したことはありませんよね。

眉毛を変える

眉毛は実は人の印象を大きく左右するもの。

生え放題の眉毛の人よりもきちっと整えられている眉毛をしている人の方が好印象ですよね。

(人によってはボサボサが好み!という人もいると思いますが、今回は割愛で・・・笑)

今では、美容院で眉毛カットを行なっているところも多いですし、髪を切るついでに眉毛もプロの人に整えてもらってはどうでしょうか?

自分で眉毛をいじるのは大変なので、プロに任せれば一安心!

しかも、今はマスクで外出する機会が多いので、眉毛は自分の印象を位置付ける大きなパーツとも言えるので、効果に期待大です。

服装を変える

服装も自分の印象を位置付ける大きなパーツと言えるでしょう。

例えば、年齢に応じたおしゃれな服装にしてみるだけでも大きく変わる可能性があります。

「そんなこと言ってもファッションセンスがないんだよ・・・」そう思う人も多いでしょう。

僕も自分にファッションセンスがないと思っているので、服装に関しては苦労しました。

けれど、簡単な方法があって、自分の「これはおしゃれだな、かっこいいな」と思った服装を3パターンくらい決めます。

これはネットで調べるもよし、外に出ておしゃれだと思った人の服装でも何でも構いません。

これは良いなと思った服装を上から下まで、全部マネして揃えます。そして、それを着回す。ただそれだけ。

ファッションセンスが悪いというのは、よくわからないまま上下の服や色を合わせたりすることによってバランスがおかしくなり微妙になることだと思っています。

なので、一旦自分の考えは捨てて、とにかく人のマネをしてみましょう。

服装を変えるだけで、外に出る際も人と会う際も自信がついて、その後の会話や行動も変わってくるかもですよね。

体型を変える

これは僕がゲイだからの独断と偏見で言うと、ゲイの中では基本的にマッチョの方がモテます。

マッチョの中にも、本気のマッチョから程よく筋肉のついた人など様々ですが、貧弱・貧相な体をしているより断然筋肉がついている人の方がモテます。(太っちょもモテるけど、これは一旦置いといて)

筋肉をつけることによって、自然と自信がついてきますし、体を動かすことは健康にも良い。

これは自信がない人にとっては一石二鳥!

今ではYouTubeで筋トレの動画はいっぱい上がっているし、やり方に困ることはないでしょう。

あとは、始めるか始めないか、その二択だけです。

おわりに

ここまで色々と書きましたが、僕自身が「自信があってモテている」わけではありません。

僕もまだ全然自分に自信がないですし、これから自信をつけていって、モテたらいいなと思っています。

だからこそ、今回は自分への戒めの意味を込めてこの記事を書きました。

「自信がある人」は自分にとって程遠い存在のように思えますが、ほんのちょっとした行動で自信をつけられるという事実は多くの人に知ってもらいたいなと思っています。

僕はこれから自分に自信が持てるように、筋トレ器具を買って鍛えていくことにしました。

ぜひ、あなたも自分に自信が持てるように何か行動をはじめて一緒に頑張っていけたら幸いです。

では、また。